債務の支払の委任

人が一人亡くなった後、遺族には、やらなければならない多くの雑務が残されます。
例えば、葬儀や告別式などにかかった費用の支払い、亡くなるまで住んでいた部屋の家賃の清算、病院に入院していた場合はその費用の支払い、役所での事務的な手続き、銀行口座や証券、不動産の名義変更など、ちょっと思いつくものをあげただけでもきりがないほどです。
このようなことで、自分が死んだ後に遺族に迷惑をかけたくない、という場合には、生前に弁護士などと委任契約を結び、それらの処理を依頼することができます。
そのようにすれば、上記のようなこと以外にも、生前に発生した債務の支払いに関する事務などの煩雑なことも請け負ってもらうことができます。
ただ、このような契約は、あくまで死後に残された事務処理をお願いする、というものですので、遺産の配分をどうするか、といったことまでは規定することはできません。
もし、そのようなことまでしっかりと決めておきたいのであれば、契約とは別にきちんとした形式の遺言書を作成する必要があります。
また、このような死後のことを第三者に依頼するような契約をする場合には、相続人や遺族の心情にも十分に配慮する必要があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。