喪主となるべき者が高齢なので迷惑をかけたくない場合

例えば老夫婦で住んでいて、夫が亡くなった場合、喪主となるのは最も近しい位置にある妻となります。
しかし、この場合本人が高齢であるため、葬儀・供養を行うことが負担になってしまう可能性があります。
この場合は、その子供が代理として行っても構わないとされています。もしくは、名義上だけにして、実際に段取りをつけるのは子供や他の親戚が行うという方法でも負担を減らせます。
ただ、地方に行けばいくほど、役割が重要になり、多くのことを行わなければならないケースが多いので、負担が多すぎると感じたら子供が代理になったほうが良いでしょう。
もし老夫婦で子供がいないのであれば、親戚が代わって行うのでも良いです。この場合、よく気が回る人にやってもらうと、負担を減らせます。
故人を亡くした後は落ち込みが激しすぎて、とても自分では行えないというケースもあります。こういう場合にも、少し精神的に余裕のある、故人と距離感のある人が行ったほうが良い可能性もあります。
基本的には子供が代理になるのがベストな方法ですが、家庭の事情によってはそれが叶わないこともあります。葬儀・供養に関しては地域のしきたりによっても違いがありますから、臨機応変に対応していくようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。