自らの死後において生じる事務(家賃や地代その他医療費等の支払など)を処理してもらうことを委任する契約とは

昔と違い現代社会は、契約と信頼関係で成立しており、生活で約束が守れない人は失格です。地域社会、組織の中でも約束事は重要で、書面で規則、規律が配布されます。今、便利で豊かな生活の象徴になっているインターネットもまず大切なのは規則と規律を守り、マナーを守ることです。手続きがいやだからと、事務的なことが苦手という理由でおろそかにしては、じぶんがしっぺ返しを受け、「後悔先に立たず」です。生きてればそれだけで得などと呑気な生活をしていては、社会の組織の迷惑です。家族が困り路頭に迷うはめになります。自分に責任を持ち、生活し、死についても後々のことを考えることが重要な課題です。ジムで汗を流し、生活をエンジョイできる人は、ジムと事務がかけ離れて感じるでしょう。ジムで頑張ってると聞き、事務の仕事を頑張っていると考える人は几帳面な性格です。自分の死後を考え生活を考え、家庭を考えます。借家生活の人は、自分の死後の家賃、地代、医療費の支払いを考え家族に迷惑をかけないように準備します。医療費は病院に相談する、家賃、地代は家主に相談する時代は終わりました。現代は委託業者がいます。事務的な手続きは、公的な機関に相談し、準備しておくことが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。