医療費、老人ホーム利用料等の債務弁済とは

人が死亡した時には様々な手続きが必要です。先ずは葬儀告別式の準備です。他にもやるべきことは多いですが、優先して行う必要があります。葬儀が終わったら故人の身辺整理を始めます。故人が賃貸物件に住んでいた場合はその解約や物件の明け渡しが必要です。明け渡すためには家具家財や荷物の処分が必要です。金融機関や生命保険会社への連絡も必要になってきます。病院や老人ホームに入居していた場合には、その医療費や利用料の精算が必要です。残っている借金を払うことを法律用語で債務弁済といいます。相続財産があって相続税を払う必要がある時には、その弁済分はマイナス資産です。債務には保証人がつくことが多く、本人が弁済できない時には保証人がかわりに弁済しますが、相続の場合には相続人が保証をすることになります。役所への手続きもあります。死亡した場合には、葬儀代などの名目で一時金が支給されることもあります。各種手続きや荷物の整理は、残された人の義務でもありますが、なかなか大変な作業です。それぞれ専門に取り扱う業者がありますので利用するのも便利な方法です。遺言書が残っているなど、法律が絡む相続の場合には余計に専門家に依頼した方がいいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。